出典:CatchUP 不動産用語集

  • 意味
  1. 一つの鍵で複数の錠前を施解錠できるのがマスターキー。これに対して、異なる合鍵(子鍵)で一つの錠前を操作できるようにしたのが「逆マスターキーシステム」(Common Keyed System、Maison Key System)。錠前メーカーによって「R.M.K」や「M.K.S」などと略される。マンションなどでは、オートロックの玄関や、非常口、ゴミ置場など共用部分の出入口に使われるのが一般的。