• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ビットレート

  1. ビットレートは、1秒間に流れるデータの伝送量を表す数値です。ストリーミングの場合、この数値が大きいほど画質が良くなり、低ければ画質が落ちます。一般的に使われているビットレートは、アナログモデム向けで約56kbps、ADSLやCATVで300kbps~程度のレートです。視聴する側の回線環境(速度環境)によっては、指定されたビットレートの映像を視聴できなかったり、再生までの待ち時間が長くなってしまうことがありますので、視聴環境に応じたビットレートの選択が重要となります。より安定したストリーミングコンテンツを視聴いただく際のビットレートの目安は、下記のとおりとなります。下記一覧を参考にして下さい。 ・アナログ回線(56kbps) :40kbps ・ISDN(ISDN64kbps) :45kbps ・ISDN(ISDN128kbps) :80kbps ・ADSL,CATV :200kbps, 500kbps ビットレートには、固定ビットレート(CBR)と可変ビットレート(VBR)との二つがあり、これは使用するコーデックにより使い分けることができます。その名のとおり、固定ビットレートは常に同じビットレートでエンコードを行いますが、可変ビットレートはビットレートを可変することにより、エンコード後のコンテンツの画質を向上することが可能になります。

出典:NTTコミュニケーションズ