• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

間違いやすい英語

日本人が間違いやすい英語表現を、現役のネイティブ英語講師が分かりやすく解説。ビジネス、旅行等に役立てよう!

Lesson 1972017/9/20更新

英語を完全にマスターしようとするとき、冠詞“a”“an”“the”が完璧に使いこなせるかどうかが最大の難関ではないでしょうか。ですが基本的なルールをきちんと理解すれば、ほぼマスターしたと言えるでしょう。そこで今日の会話です。週末にタカヒロは新車を買ったそうですが…。

Kate: What did you do at the weekend, Takahiro?
Takahiro: I bought the new car.
Kate: What new car?
Takahiro: My new car.

Kateが“What new car?(どの新車?)”と聞いたのはなぜでしょう。それはタカヒロが“a new car”ではなく“the new car”と言ったからです。“the”は「あの新車」と特定するため、Kateがどの車なのかを知っていることになります。ですがKateはタカヒロが車を買ったことさえ初耳で、ましてや市場にある多数の新車のうち、どれがタカヒロの買った車なのかを知る由もありません。このように、多数ある物の一つという場合は冠詞の“a”を付けます。“I bought a new car.”で新車を(一台)買ったと述べたあと、“The car was very expensive.”と言って「その車は高かった」と特定します。このように、聞き手に初めて単数の物を紹介するときは“a”を、その後それについて言及するときは“the”を使います。

今回の間違いやすいフレーズ

“I bought the new car”

筆者:ウィリアム・ブルックス(産経オンライン英会話アドバイザー)

バックナンバーを見る