• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

間違いやすい英語

日本人が間違いやすい英語表現を、現役のネイティブ英語講師が分かりやすく解説。ビジネス、旅行等に役立てよう!

Lesson 1792017/4/26更新

先週は前置詞inonatを取り上げました。今週は同じく前置詞で、時を表わす場合を見てみましょう。

Vicky: What's your schedule this week?
Yoko: I'm meeting a client on 9.00 at the morning in Thursday.

一般的に、inは時間の中のある一部分を指すときに使います。例えばin the morning(一日の中の午前中に)、in Aprilin spring(一年の中の4月や春に)、in 2017(2017年に)、in the 2010s(世紀の内の2010年代に)、in the 2000s(歴史の中の20世紀に)、あるいはin the Heisei Era(歴史の中の時代に)といった具合です。onは特定の曜日(on Monday)や日にち(on the 30th)に使います。Atは“at 1:00”や“at midnight”のようにある特定の時刻や、“at Obon”や“at New Yearのように休暇の期間に使います。ですからヨウコは“I'm meeting a client at 9.00 in the morning on Thursday”と言うのが正解です。

今回の間違いやすいフレーズ

דI'm meeting a client on 9.00 at the morning in Thursday”

“I'm meeting a client at 9.00 in the morning on Thursday”

筆者:ウィリアム・ブルックス(産経オンライン英会話アドバイザー)

バックナンバーを見る