• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

間違いやすい英語

日本人が間違いやすい英語表現を、現役のネイティブ英語講師が分かりやすく解説。ビジネス、旅行等に役立てよう!

Lesson 1992017/10/4更新

皆さんも一日に数回トイレを使用されていると思いますが、外国でトイレを貸してほしいとき、どう言えばいいでしょうか。ここで今日の会話です。ジュンイチはアメリカでクライアントのオフィスを訪ねています。

Junichi: Excuse me. May I borrow your toilet?
John: Well, you can use it if you want.

日本では「トイレを貸してください」とか「お手洗いをお借りしてもよろしいですか」と聞きますよね。これを直訳すると“Lend me your toilet” あるいはジュンイチが言ったように“May I borrow your toilet?”となります。ですが“lend”や“borrow”はいずれも借りた場所から短期間持ち出して使う、という意味の動詞です。つまりジュンイチは「トイレを持って行ってもいいですか」と聞いたことになります。英語ではトイレは使う(use)といいます。また、“toilet”という言葉が少々下品だと感じる人もいるので、“rest room”や“bathroom(米国)”と言うと無難です。“May I use your rest room?”と聞けばより礼儀正しく聞こえます。

今回の間違いやすいフレーズ

“May I borrow your toilet?”

筆者:ウィリアム・ブルックス(産経オンライン英会話アドバイザー)

バックナンバーを見る