• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

祝い(いわい)/祝賀(しゅくが)

関連語
(が)
よろこび
  1. [共通する意味]
      ★めでたいできごとに対して、言葉や物を贈ってよろこびの気持ちを表わすこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔祝い〕
      ▽初孫誕生のお祝い
      ▽結婚の祝いに食器を贈った
      祝いの席
    • 〔祝賀〕スル
      ▽設立三十周年を祝賀する行事
      祝賀
      祝賀パレード
  1. [使い分け]
    • 【1】「祝い」は、祝うことのほか、言葉、贈り物、催しなど、祝いのための具体的な事物もさす。「完成祝い」「誕生祝い」「新築祝い」のように複合形でも用いるが、単独で使うときは、「お祝い」と、「お」をつけることが多い。
    • 【2】「祝賀」は、「祝い」の改まった言い方。「祝い」が、国民的な行事から、規模の大小にかかわらず幅広く使われるのに対し、「祝賀」は、大がかりで、計画的、公的な場合に使う。
  1. [関連語]
    • (賀) よろこび祝うこと。また、祝い、よろこび。「祖父の喜寿の賀を祝った」
    • (よろこび) よろこぶべきこと。また、その祝辞。「喜び」「慶び」「歓び」などと書く。「初春のおよろこびを申し上げます」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

祝いの類語

  • ふさわしいしきたりを全て含んだ聖礼典か厳粛な儀式の公演 の意
  • 何かの楽しい出来事を記念した特別のお祝いの機会 の意

祝賀の類語

  • どんな嬉しい気分転換でも の意
  • 祝意を表す の意
  • お祝いをする の意
  • 休日または儀式で予想通りに振舞う の意
  • 誰かに祝賀する出来事があると認める行為 の意
  • 何かの楽しい出来事を記念した特別のお祝いの機会 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi