• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ならわし/習い(ならい)/しきたり

  1. [共通する意味]
      ★昔からそのようにやってきていること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔ならわし〕
      ▽揃って初詣でに出かけるのがわが家のならわし
      ▽この地方独特のならわし
    • 〔習い〕
      ▽これはこの村の習いとなっている
    • 〔しきたり〕
      ▽若い二人は古くからのしきたりを破った
  1. [使い分け]
    • 【1】「しきたり」の方が、「ならわし」「習い」よりも、昔から儀式化、規則化したやり方といった意味合いが強い。
    • 【2】「習い」には、「因果応報は世の習い」に見られるように、「世の常」「自然の道理」の意もある。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

しきたりの類語

  • 受け入れられることまたは慣習 の意
  • 慣例的である結果としての正統派的慣行 の意
  • 長年の特定の習慣 の意
  • 標準的な例と考えられるもの の意
  • 受け継がれた思考、行動のパターン の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi