古風/昔風 の解説 - 小学館 類語例解辞典

古風/昔風 の共通する意味

昔のままの考え方、様式などに従っていること。今風でないこと。また、そのさま。

英語表現 archaic

国語辞書で調べる 古風 昔風

古風/昔風 の使い方

古風 【名・形動】
昔風 【名・形動】

古風/昔風 の使い分け

「古風」は、「…な」の形で使うことが多い。様式的なこと、価値観的なことなどに多くいう。俗なこと、生活的なことにはあまり用いない。非常に古いために、ひとつの様式として存在を認められているものなどに多くいう。
「昔風」は、どちらかというと現在とくらべてもう古くなった事柄、やり方などをいい、生活のいろいろな分野に幅広く用いる。「古風」のように現在の価値観のひとつとして取り上げられることは少ない。

古風/昔風 の反対語

▼今風(いまふう)・現代風

古風/昔風 の類語対比表

…しつけ…たたずまい…で流行遅れだ…味つけ
古風-な○-な○-な-
昔風-の○-の△-の○

カテゴリ

#文化#文化・風俗・習慣

古風/昔風 の類語 - 日本語ワードネット

古風 の類語

ほとんど進化されなかったか、初期の先祖のタイプに特有である の意

昔風 の類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi