ピリオド/コンマ/コロン/セミコロン の解説 - 小学館 類語例解辞典

ピリオド/コンマ/コロン/セミコロン の共通する意味

欧文を書くときに文の切れ目に用いられる記号。

国語辞書で調べる ピリオド コンマ コロン セミコロン

ピリオド/コンマ/コロン/セミコロン の使い分け

「ピリオド」は、文の終わりにつける「.」。
「コンマ」は、文中の切れ目につける「,」。大きな数字の位取りをするときにも用いる。「カンマ」ともいう。
「コロン」は、文中の切れ目に用いる「:」。特に、対照・説明・引用などの前につける。
「セミコロン」は、「コロン」より少し軽い切れ目、あるいは、文を一応切って次に説明を続ける場合に用いる「;」。
「ピリオド」は、「ピリオドを打つ」の形で、続けていたことを終わりにする意でも用いる。
「コンマ」は、小数点「・」のことも言い、「一コンマ五(=1.5のこと)」「コンマ以下は切り捨て」のようにも用いる。

ピリオド/コンマ/コロン/セミコロン の関連語

終止符
欧文などで文の終わりに打つ符号。ピリオド。「終止符を打つ」の形で、それまで続けてきたことを終わりにする、物事に決まりをつける意でも用いる。

カテゴリ

#文化#記号・目印

ピリオド/コンマ/コロン/セミコロン の類語 - 日本語ワードネット

ピリオド の類語

完全な終わりを示すために平叙文の末尾に、または省略の後に置かれる句読点(.) の意

時間の量 の意

何かの終わりまたは完了 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi