紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の解説 - 小学館 類語例解辞典

紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の共通する意味

家、団体などを表わし、衣服や旗などにつけるしるし。

英語表現 a family crest

国語辞書で調べる 紋章 家紋 紋所 旗印

紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の使い方

紋章
▽菊の御紋章(=皇室の紋章)
▽五三(ごさん)の桐(きり)の紋
家紋
▽羽織の背に家紋を染め抜く ▽徳川家の家紋は三つ葉葵(あおい)
紋所
▽葵の紋所
旗印
▽風林火山の旗印

紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の使い分け

「紋章」「紋」は、ある家、団体などが、自己を表わすしるしとして使ってきた図形。
「家紋」「紋所」は、その家々で決まっているしるし。
「旗印」は、昔、戦場で目印として旗に書いたもので、「紋章」だけでなく、文字や絵も使われた。また、「自由平等の旗印を掲げる」のように、大勢で社会的行動をする際に目標として掲げる主張もいう。

紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の関連語

五つ紋
羽織や着物などの背中、左右の袖(そで)、左右の肩の五か所についている紋所。また、その紋所のついている公式の礼服。

カテゴリ

#文化#記号・目印

紋章/紋/家紋/紋所/旗印 の類語 - 日本語ワードネット

紋章 の類語

家族、国などの公式の紋 の意

慣習的な意味を獲得した任意の(書かれたまたは印刷された)記号 の意

旗印 の類語

セクトあるいは政治グループが好んで使う言い方 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi