• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

多読(たどく)/乱読(らんどく)

  1. [共通する意味]
      ★本の読み方で、多く読むこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔多読〕スル
      ▽哲学関連の書物を多読する
      多読
    • 〔乱読〕スル
      ▽推理小説を乱読する
  1. [使い分け]
    • 【1】「多読」は、読む本の多さをいう語だが、「乱読」は、手当たりしだいに読むことをいう語。
    • 【2】「乱読」は、「濫読」とも書く。
  1. [反対語]
      ▼乱読⇔精読
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

多読の類語

  • 書かれているか、または印刷される何かを解釈する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi