筆記/書記/記 の解説 - 小学館 類語例解辞典

筆記/書記/記 の共通する意味

文字を書き記すこと。耳で聞いたことを書きとること。また、文章を書き記すこと。

英語表現 taking notes

国語辞書で調べる 筆記 書記

筆記/書記/記 の使い方

筆記する
▽要点を筆記する ▽筆記試験 ▽筆記用具 ▽口述筆記
書記
▽書記能力
▽思い出の記 ▽探検記 ▽編集長記

筆記/書記/記 の使い分け

いずれも、書道のような芸術活動は含まない。
「書記」には、記録係の意や、裁判所や行政官庁などの庶務や会計をうけもつ役職などの意もある。
文章の題として使われる「記」は、ありのままを書いた、または、それについて書いたという意。
「左記」や「下記」などの用語の後に、改行して「記」と書き、その内容を記すこともある。

カテゴリ

#文化#読み書き

筆記/書記/記 の類語 - 日本語ワードネット

筆記 の類語

書面で連絡する、または表す の意

書面にする; テキスト、音楽作品などの の意

表面の上の目盛りまたは痕跡 の意

従来通り認められた形から成る文字を書くあるいは指定する(単語または単語の一部) の意

取引の法的な証拠として機能できるドキュメント の意

書記 の類語

執筆に使用する机 の意

書記の仕事(記録や会計の管理など)をする従業員 の意

上司や組織のために通信・文書事務を処理する補佐役 の意

の類語

象徴的な印によってある人の考えを表現する物として機能するもの の意

情報を提供する文書(特に公式自然の情報) の意

何かまたは誰かに関する周知の事実の収集物 の意

慣習的な意味を獲得した任意の(書かれたまたは印刷された)記号 の意

取引の法的な証拠として機能できるドキュメント の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi