• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

末文(まつぶん)/文末(ぶんまつ)/結び(むすび)

関連語
巻末(かんまつ)
  1. [共通する意味]
      ★文章の最後の部分。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「末文」は、「まずは右御礼まで」のような、手紙の最後につける形式的な文章についてもいう。
    • 【2】「文末」は、「終助詞は文末に来る」「文末にマルを打つ」というように、一つの文の最後の部分をいう場合もある。
    • 【3】「結び」は、章や節の題としても使われ、文章の最後の意味に用いられるが、「これをもって結びの言葉といたします」のように、話し言葉の最後の部分についても用いられる。
  1. [反対語]
      ▼文末⇔文頭
  1. [関連語]
    • (巻末) 書物や巻物の最後の部分。⇔巻頭。「巻末の付録」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

結びの類語

  • 何かを終える行為 の意
  • ロープ(またはひも)を輪にして、自身か別のロープ、または物体に結びつけて作る様々な締め具 の意
  • あることを終わらせる出来事 の意
  • 事件や出来事の結末の部分 の意
  • 特定の2つ以上の組の要素のみをすべて含む1つの組 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi