ノート/手帳/帳面 の解説 - 小学館 類語例解辞典

ノート/手帳/帳面 の共通する意味

物を書くため、紙を綴じ合わせて一冊にしたもの。

英語表現 a notebook

国語辞書で調べる ノート 手帳 帳面

ノート/手帳/帳面 の使い方

ノートする
▽講義内容をノートする ▽ノートをとる ▽講義ノート
手帳
▽手帳にメモする ▽生徒手帳
帳面
▽父の小学生時代の帳面が出てきた ▽帳面をつける

ノート/手帳/帳面 の使い分け

「ノート」「帳面」は、同じ物をさしていたが、現在では「ノート」というのが普通である。
「ノート」は、主として学習用に使われるもの。
「手帳」は、一般に「ノート」より小型で携帯用のもの。
「帳面」は、「帳面づらを合わせる」「宿屋の帳面に名を書く」などのように、現在では、商売上の取引を記録したり、会計を記したりするものをいうことが多い。
「ノート」は、「ノートする」の形で、要点などを書きとめる意でも用いる。

ノート/手帳/帳面 の関連語

帳簿
金銭の収支や事務上必要な事項を記入するもの。一般には、会社や役所などで使うものをいう。
原簿
事務上のいちばん元となる帳簿。「原簿と照らし合わせる」
台帳
いろいろな記録の土台となる帳簿。「土地台帳」「住民台帳」
通い帳
掛け売りをする商店などで、売買の月日、数量などをそのつど書き込んでいく帳面。単に「帳面」ともいう。
大福帳
商家で、売買のすべてを記録する元帳。和とじで横長である。今日ではめったに使われなくなった。
通帳
預貯金の金額の移動などを示すための帳面。

カテゴリ

#文化#文章・文書

ノート/手帳/帳面 の類語 - 日本語ワードネット

ノート の類語

小さいコンパクトなポータブルコンピュータ の意

メモまたは覚書を記録するための空白のページがある本 の意

手記をつけるための紙のパッド の意

手帳 の類語

メモまたは覚書を記録するための空白のページがある本 の意

帳面 の類語

メモまたは覚書を記録するための空白のページがある本 の意

何かまたは誰かに関する周知の事実の収集物 の意

取引の法的な証拠として機能できるドキュメント の意

当座預金が記録されている記録 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi