• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

直喩(ちょくゆ)/明喩(めいゆ)/隠喩(いんゆ)/暗喩(あんゆ)/諷喩(ふうゆ)

関連語
寓意(ぐうい)
寓話(ぐうわ)
  1. [共通する意味]
      ★比喩(ひゆ)の種類。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔諷喩〕スル
  1. [使い分け]
    • 【1】「直喩」「明喩」は、「たとえば」「…のような」などの語を用いて、二つの物を直接比較する方法。「りんごのような頬(ほお)」の類。[英]a simile
    • 【2】「隠喩」「暗喩」は、「直喩」「明喩」で用いる「たとえば」「…のような」などの語を用いず、二つの物を直接結び付ける方法。「海山の恩」「人生は旅だ」の類。[英]a metaphor
    • 【3】「諷喩」は、たとえなどを使って遠回しに推察させたり、さとしたりすること。[英]an allegory
  1. [関連語]
    • (寓意) 他の物事に託して、ある意味を表わすこと。「寓意をこめる」「寓意小説」
    • (寓話) 動物などの話にかこつけて、教訓的な内容を表わしたもの。「イソップ物語」などの類。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

直喩の類語

  • 異なる種類のものの類似点を指摘する修辞法(通常、『like』または『as』などで形成される) の意
  • 直喩法

隠喩の類語

  • ものを文字どおりに示すのではなく類似点をあげて連想させる比喩表現 の意

暗喩の類語

  • ものを文字どおりに示すのではなく類似点をあげて連想させる比喩表現 の意

諷喩の類語

  • 間接暗示 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi