異論/異議/異存 の解説 - 小学館 類語例解辞典

異論/異議/異存 の共通する意味

他と違った意見、考え。

英語表現 an objection

国語辞書で調べる 異論 異議 異存

異論/異議/異存 の使い分け

「異論」は、他とは異なった意見や議論。
「異議」「異存」も、他と違った意見や議論の意だが、反対もしくは不服や不満の意を表明するものであることが多い。

異論/異議/異存 の類語対比表

なにか…がありますかいろいろな…がある学説…を申し立てるご…はございませんか
異論
異議
異存

カテゴリ

#文化#議論

異論/異議/異存 の類語 - 日本語ワードネット

異論 の類語

意見の相違 の意

言語による反対を表す行為 の意

異議 の類語

反抗する行為; 公に反対を(特に組織だって)表明すること の意

対立しあう事実、主張、意見の間にある相違 の意

意見の相違 の意

言語による反対を表す行為 の意

相手の申し立てに対して、正式に異議を唱えること の意

1人の裁判官の意見が大多数と異なること の意

非合意と否認の公的な表明を行う行為 の意

もう一方とは反対の方向 の意

異存 の類語

対立しあう事実、主張、意見の間にある相違 の意

意見の相違 の意

言語による反対を表す行為 の意

他人の行いまたは物事を嫌うこと の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi