冷評/酷評/痛論 の解説 - 小学館 類語例解辞典

冷評/酷評/痛論 の共通する意味

手厳しく批評し論じること。また、その批評や論。

英語表現 severe criticism

国語辞書で調べる 冷評 酷評 痛論

冷評/酷評/痛論 の使い方

冷評する
▽話題作を冷評する ▽先日の公演は各紙の冷評を浴びた
酷評する
▽作品を評論家から酷評された ▽酷評を受ける
痛論する
▽今回の贈収賄事件については、各紙とも痛論している

冷評/酷評/痛論 の使い分け

「冷評」は、好意的でない評論。冷淡に否定的な判断を示すこと。
「酷評」は、容赦なく非常に手厳しい批評をすること。
「痛論」は、手厳しく評論すること。他の二語ほど一般的には用いられない。

カテゴリ

#文化#議論

冷評/酷評/痛論 の類語 - 日本語ワードネット

酷評 の類語

厳しい批判または不承認 の意

ミサイルのように人に向けられ、効果的な手ごたえを意図した強気の発言 の意

呪う行為 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi