• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

吸う(すう)/啜る(すする)

  1. [共通する意味]
      ★気体や液体などを、口や鼻から体内に引き入れる。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔吸う〕(ワ五)
      ▽ほこりを吸ってせきこむ
      ▽都会の空気を吸う(=都会での生活を経験する)
      ▽人の生血を吸う(=冷酷な手段で人をひどい目にあわせて、自分の利益を得る)
    • 〔啜る〕(ラ五)
      ▽熱いお茶をすする
  1. [使い分け]
    • 【1】「啜る」は、息とともに音をたてて口鼻の中に引き入れる場合に使うが、「吸う」には、音をたてるという意味合いはない。[英]to sip (soup)【(スープを)吸う】; to smoke【(タバコを)吸う】
    • 【2】「啜る」は気体には用いない。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    みそ汁を…うどんを…煙草を…鼻水を…
    吸う
    すする
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

吸うの類語

  • (空気を)吸い込む の意
  • 口の中を実質的に真空にすることで、口に吸い込む の意
  • 一口飲む の意
  • まるでスポンジであるように、吸い上げる の意
  • たばこ、葉巻、パイプから煙を吸い込み吐き出す の意
  • (空気を)吸い込む、または取り入れる の意
  • また、比喩的に、取り入れる の意
  • 真空で、あるいは真空であるかのように何かを描く の意

啜るの類語

  • 一口飲む の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi