模様/文様/柄 の解説 - 小学館 類語例解辞典

模様/文様/柄 の共通する意味

織物、染め物、工芸品などの表面に、装飾として施された絵。色、線などで描かれたり、布地として織り出されたりする。

英語表現 a pattern

国語辞書で調べる 模様 文様

模様/文様/柄 の使い分け

「模様」は、「唐草模様」「水玉模様」のように、「…模様」の形でもよく使い、一般的にある形象を図に表わしたものをいう。
「文様」は、現在では古めかしい言い方になり、口語では「模様」を用いる。「紋様」とも書く。
「柄」は、意匠として布などの表面に用いられた模様をいう。抽象的なパターンとしての「水玉」「唐草」などは、「柄」とはいわない。ただし、さまざまの場合によって個々に描かれるものは、「花柄」などといえる。
「柄」には、「無地」に対して、そうでないものをさす意味もある。

模様/文様/柄 の関連語

図柄
全体の模様、図案の構図をいう。「うちわの図柄が斬新(ざんしん)だ」
絵柄
「図柄」と同じものをさすことがあるが、柄として描かれた絵、柄としてのパターンとなる絵で、デザインの意識はあまり強くない。「変わった絵柄の羽子板」「友禅の絵柄が美しい」
図案・パターン
形・色などを美的に配合し、図に表わしたもの。「梅の花を図案化する」「テレビのテストパターン」
地紋
布地、紙、印刷物などの地に織り出したりすき込んだりした模様。「地紋の透ける便箋(びんせん)
プリント
図案の型押しで染める捺染(なっせん)法のこと。そこから、刷るようにして染めた模様をもいうようになった。「小花プリントのエプロン」「かわいいプリント柄」

模様/文様/柄 の類語対比表

伝統的な…もみじが川に織りなす…すそ…の着物浴衣の…を選ぶ
模様
文様

カテゴリ

#文化#芸術

模様/文様/柄 の類語 - 日本語ワードネット

模様 の類語

美しくするために用いられるもの の意

装飾的芸術的作品 の意

模様 の意

の類語

それを使うかまたは動かすために保持されるようにデザインされている物への付属物 の意

長い棒あるいはさお(特に槍や矢のような武器の道具または本体の柄) の意

独特の個人についてを描写する行動的、気質的、感情的、精神的なすべての属性の複合体 の意

その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意

人体の構造 の意

植物、真菌、植物部位または植物器官を支える細長いまたは長い構造 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi