味わう/噛み分ける/噛み締める の解説 - 小学館 類語例解辞典

味わう/噛み分ける/噛み締める の共通する意味

飲食物の味をみる。

英語表現 to taste to savor

国語辞書で調べる 味わう 噛み分ける 噛み締める

味わう/噛み分ける/噛み締める の使い方

味わう 【ワ五】
▽秋田の郷土料理を味わう
噛み分ける 【カ下一】
▽するめの味をかみ分ける
噛み締める 【マ下一】
▽よくかみしめて食べる

味わう/噛み分ける/噛み締める の使い分け

「噛み分ける」「噛み締める」は、よくかんで味をみる意味。
「噛み分ける」は、「酸いも甘いもかみ分けた苦労人」のように、物事を分別して考え、よく理解するという意でも使われる。
「噛み締める」は、「喜びをかみしめる」のように、十分に感じ取る意や、「笑いをかみしめる」のように、じっとおさえて表面に出ないようにする意でも用いる。

参照

味わう⇒食べる/食う/食らう

カテゴリ

#人間の動作#味覚

味わう/噛み分ける/噛み締める の類語 - 日本語ワードネット

味わう の類語

経験する の意

感情的な気持ちを経験する、または特定の心理状態になる の意

喜びを引き出す、または受ける; 悦楽を得る; 喜びを得る の意

(精神的、身体的な状態、あるいは、経験を)体験する の意

経る、あるいは乗り切る の意

味の感覚によって知覚する の意

味わう の意

噛み分ける の類語

精神的に(考え、または状況を)知覚する の意

感覚で検出する の意

噛み締める の類語

精神的に(考え、または状況を)知覚する の意

つかむか、中断するか、または引き裂く、歯か顎で の意

味わう の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi