• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

台本(だいほん)/脚本(きゃくほん)/戯曲(ぎきょく)/シナリオ

関連語
オリジナル
  1. [共通する意味]
      ★舞台や映画などにすぐ使えるような形式で書かれた本。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔台本〕
      台本どおりにしゃべる
    • 〔脚本〕
      ▽あのドラマは脚本がいい
      脚本
    • 〔戯曲〕
      ▽一幕三場の戯曲
      戯曲の大作をものする
    • 〔シナリオ〕
      ▽テレビドラマのシナリオ
      シナリオライター
  1. [使い分け]
    • 【1】「台本」「脚本」は、舞台・映画・放送の現場で実際に使うことを前提として書かれている。「脚本」よりも「台本」の方が一般的である。
    • 【2】「戯曲」は、演劇の脚本であるが、「シェークスピアの戯曲」のように、劇の形式を使って書かれた文学作品の意でも用いられる。
    • 【3】「シナリオ」は、映画やテレビの「脚本」のこと。また、「シナリオどおりにことが運んだ」のように、筋書の意にも用いる。
  1. [関連語]
    • (オリジナル) 小説などを脚色したものではなく、新しく書き下ろした「脚本」のこと。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …を書く映画の……を読み合わせる小説を…化する
    台本
    脚本
    戯曲
    シナリオ
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

台本の類語

  • 起こりうる出来事を仮定して並べたもの の意
  • 演劇または他の劇的な構成の文書による版; パフォーマンスに備える際に使われる の意

脚本の類語

  • 劇場向けの文学作品のジャンル の意
  • 起こりうる出来事を仮定して並べたもの の意
  • ステージでの俳優による演技を目的とする劇の仕事 の意
  • 演劇または他の劇的な構成の文書による版; パフォーマンスに備える際に使われる の意

戯曲の類語

  • 剣(またはその他の武器)を激しく巧みに操る行為 の意
  • 劇場向けの文学作品のジャンル の意
  • ステージでの俳優による演技を目的とする劇の仕事 の意

シナリオの類語

  • 起こりうる出来事を仮定して並べたもの の意
  • 演劇または他の劇的な構成の文書による版; パフォーマンスに備える際に使われる の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi