• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

緞帳(どんちょう)/黒幕(くろまく)/揚げ幕(あげまく)/引き幕(ひきまく)/定式幕(じょうしきまく)

  1. [共通する意味]
      ★舞台で使う幕。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「緞帳」は、厚地の模様入りの幕で、観客席に一番近い所に下げてある幕。巻いて上げ下ろしをする。
    • 【2】「黒幕」は、場の変わり目に舞台を隠したり、闇(やみ)を表わしたりするために使う黒い幕。比喩(ひゆ)的に、「事件の黒幕」のように、陰で計画したり指図したりする者をいう。
    • 【3】「揚げ幕」は、能舞台の鏡の間と橋懸りとの境や、舞台の花道の出入り口に掛ける幕。
    • 【4】「引き幕」は、舞台で横に引いて開閉する幕。
    • 【5】「定式幕」は、歌舞伎(かぶき)特有の幕で、縦に萌黄(もえぎ)・柿(かき)・黒の三色の縞(しま)になっている幕。横に引いて開閉する。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

緞帳の類語

  • 日よけとして用いられる垂れ下がった布(特に窓のために) の意

引き幕の類語

  • 日よけとして用いられる垂れ下がった布(特に窓のために) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi