• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(こえ)/音声(おんせい)

関連語
発声(はっせい)
美声(びせい)
悪声(あくせい)
金切り声(かなきりごえ)
だみ声(だみごえ)
どら声(どらごえ)
胴間声(どうまごえ)
鼻声(はなごえ)
裏声(うらごえ)
小声(こごえ)
猫撫で声(ねこなでごえ)
  1. [共通する意味]
      ★人や動物がのどなどの発音器官を使って出す音。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔声〕
      を張り上げて叫ぶ
      ▽鈴をころがすような
      ▽虫の
    • 〔音声〕
      ▽明快で聞き取りやすい音声がアナウンサーには不可欠だ
      音声言語
  1. [使い分け]
    • 【1】「声」は、人間が発するものばかりでなく、虫などの鳴き声まで幅広く使う。また、「ちまたの声を聞く」「声なき声」のように、人々の意見の意もある。
    • 【2】「音声」には、「音声のない映像が放映された」のように、テレビなどの音の意味もある。
  1. [関連語]
    • (発声) 声を出すこと。「オペラ歌手にとって発声はとても大切だ」「発声練習」「発声法」
    • (美声) いい声。美しい声。「澄んだ美声の場内アナウンス」
    • (悪声) 聞き苦しい声。「悪声だが話し方に味わいがあるキャスター」
    • (金切り声) 金属を切るような高く鋭い声。「助けてーと金切り声をあげた」
    • (だみ声) 低く、濁った感じのきたない声。「太いだみ声でしかりつける」
    • (どら声) 濁った感じの太い大声。「父はどら声で弟を呼んだ」
    • (胴間声) 濁って調子はずれの太い声。「ロープを投げろと胴間声で船長が叫んだ」
    • (鼻声) 風邪をひいたり、涙にむせんだりして鼻が詰まったときの声。また、甘えてものをいうときの鼻にかかった声。「風邪をひいて鼻声になる」「妹は父に鼻声でピアノをねだっている」
    • (裏声) 自然の発声法では出ない高音を技巧的に出した声。「裏声でヨーデルを歌う」
    • (小声) 小さい声。「小声で耳打ちする」
    • (猫撫で声) 猫が人に甘えるときに出すような、やさしく、こびを含んだわざとらしい声。「猫撫で声で勧誘するセールスマン」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 声道で調節される声帯の振動によって生じる音 の意
  • 声の発言が示唆される音 の意
  • 弾性媒体によって伝搬される機械的な振動 の意
  • 動詞が意味する行動に対する動詞の文法的主語の文法関係(能動的な、または受動的な) の意

音声の類語

  • ある原因によって生み出された特定の聴覚的効果 の意
  • 送られた信号の聞こえる部分 の意
  • 声道で調節される声帯の振動によって生じる音 の意
  • いくつかの言語の音素であるかどうかは特定しない、言語の個々の音声単位 の意
  • 耳に聞こえる突然の出来事 の意
  • 弾性媒体によって伝搬される機械的な振動 の意
  • 動詞が意味する行動に対する動詞の文法的主語の文法関係(能動的な、または受動的な) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi