頭語/結語/脇付け の解説 - 小学館 類語例解辞典

頭語/結語/脇付け の共通する意味

手紙で相手への敬意を表わすために、決められた用い方をする語をいう。

国語辞書で調べる 頭語 結語 脇付け

頭語/結語/脇付け の使い分け

「頭語」は、手紙の冒頭に記す語。「結語」は、手紙の最後に記す結びの語。「頭語」と「結語」は、それぞれ対応させて用いられる。「拝啓|敬具」「謹啓|敬白」「前略|草草」など。
「脇付け」は、あて名の左下に書き添えて敬意を表わす語。特に改まった場合を除いて、現在ではふつう用いない。「侍史」「足下」「御許」など。また、封書のあて名に添えるものは「外脇付け」という。

カテゴリ

#文化#情報・伝達

頭語/結語/脇付け の類語 - 日本語ワードネット

頭語 の類語

善意(特に会議での)の承認または表現力 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi