引き分け/ドロー/預かり/持/あいこ の解説 - 小学館 類語例解辞典

引き分け/ドロー/預かり/持/あいこ の共通する意味

勝負がつかず、そのままで中止、あるいは終了すること。

英語表現 a draw

国語辞書で調べる 引き分け ドロー 預かり あいこ

引き分け/ドロー/預かり/持/あいこ の使い方

引き分け
▽九回時間切れで引き分けとなる
ドロー
▽雨でドローになる ▽一対一のドロー
預かり
▽この勝負は預かりだ
▽持に持ち込む
あいこ
▽何回じゃんけんをしてもあいこだ

引き分け/ドロー/預かり/持/あいこ の使い分け

「引き分け」は、競技、遊戯など、幅広く使われる。
「ドロー」は、野球やボクシングなど、スポーツの試合で勝負がつかないことをいう。
「預かり」は、相撲などで、勝負の判定がつきにくいときや判定できないときに、勝ち負けを決めないでおくことをいう。
「持」は、囲碁、将棋で、勝敗が決まらないことをいう。「持(もち)」ともいう。
「あいこ」は、互いに勝ち負けのないことをいう俗語。「おあいこ」の形で使われることも多い。

カテゴリ

#文化#スポーツ

引き分け/ドロー/預かり/持/あいこ の類語 - 日本語ワードネット

引き分け の類語

引いたトランプカード の意

競技において、終了時に勝者が決定していないこと の意

ドロー の類語

右ききのゴルファーにとって左にカーブするゴルフショット の意

競技において、終了時に勝者が決定していないこと の意

の類語

競技において、終了時に勝者が決定していないこと の意

あいこ の類語

競技において、終了時に勝者が決定していないこと の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi