天地/天地/乾坤 の解説 - 小学館 類語例解辞典

天地/天地/乾坤 の共通する意味

天と地。

英語表現 heaven and earth

国語辞書で調べる 天地 天地 乾坤

天地/天地/乾坤 の使い方

天地(てんち)
▽天地が引っくり返る
天地(あめつち)
▽天地の神に祈る ▽天地の栄える時
乾坤
▽乾坤一擲(いってき)(=命運をかけて、のるかそるかの大勝負や大仕事をすること)

天地/天地/乾坤 の使い分け

「天地(てんち)」が、最も一般的。「天地」は、「自由の天地を求めて船出する」のように、世の中や、「天地無用(=荷物などの上下を逆にしてはいけない)」のように、物の上下もいう。
「天地(あめつち)」は、全世界もいう。「天地(てんち)」よりやや古めかしい語。
(えき)の卦(け)で、「乾坤」の「乾」は天、陽などを表わし、「坤」は地、陰などを表わす。このため「乾坤」は、天地以外にも、陰陽、上下、前後などをさす。

カテゴリ

#自然#天地

天地/天地/乾坤 の類語 - 日本語ワードネット

天地 の類語

存在するすべてのもの の意

球面(それが囲む空間を含む)に囲まれている立体図形 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi