• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

海峡(かいきょう)/水道(すいどう)/瀬戸(せと)

  1. [共通する意味]
      ★陸と陸に挟まれて海が狭くなった部分。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔海峡〕
      海峡を行く連絡船
      ▽津軽海峡
    • 〔水道〕
      ▽紀伊水道
      ▽豊後(ぶんご)水道
    • 〔瀬戸〕
      ▽潮の流れが速い瀬戸
      ▽音戸(おんど)瀬戸
  1. [使い分け]
      「海峡」のうち、小さいものを「水道」「瀬戸」とよぶが、固有名詞の一部として使われる場合が多い。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

海峡の類語

  • 水(または他の流体)が流れる通路 の意
  • 上皮細胞で内側を覆われ、分泌または他の物質を運んでいる身体の通路または管 の意
  • 船を最適に通過させることができる、(川、港または海峡などにあり、2つの大きな水域をつなぐ)深く比較的狭い水域 の意
  • 2つの大きな海域をつなぐ狭い水路 の意

水道の類語

  • 船を最適に通過させることができる、(川、港または海峡などにあり、2つの大きな水域をつなぐ)深く比較的狭い水域 の意
  • 航行可能な水域 の意

瀬戸の類語

  • 船を最適に通過させることができる、(川、港または海峡などにあり、2つの大きな水域をつなぐ)深く比較的狭い水域 の意
  • 2つの大きな海域をつなぐ狭い水路 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi