• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

十字路(じゅうじろ)/四つ辻(よつつじ)/四つ角(よつかど)/交差点(こうさてん)

関連語
三叉路(さんさろ)
丁字路(ていじろ)
追分(おいわけ)
曲がり角(まがりかど)
  1. [共通する意味]
      ★道が交わっている所。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
      a crossroad(s)
  1. [使い分け]
    • 【1】「十字路」は、道がどのように交差しているかに注目した語。他の三語は、そこが道の交差している場所であることに注目した語。
    • 【2】「十字路」「四つ辻」「四つ角」は、二本の道が十字形に交差している所。「四つ辻」は、あまり一般的な語ではない。
    • 【3】「交差点」は、比較的大きな道路が交わっている所。「交叉点」とも書く。
  1. [関連語]
    • (三叉路) 三つまたになっている道。一地点で三方に分かれている道。
    • (丁字路) 丁字形になっている道。「T字路」と書くこともある。
    • (追分) 街道が左右二つに分かれる所。もともとは牛馬を追い分ける所の意で、各地に地名として残っている。「信濃追分」
    • (曲がり角) 道などが折れまがって角になっている所。また、新しい様相、状態に変わる変わり目のこともいう。「あそこの曲がり角で待っていなさい」「人生の曲がり角に来た」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …で待ちあわせる…を右折する道が…になっている六つまたの…
    十字路
    四つ辻
    四つ角
    交差点
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

十字路の類語

  • 1つの通りまたは路が別のものと交差する合流点 の意

四つ辻の類語

  • 1つの通りまたは路が別のものと交差する合流点 の意

四つ角の類語

  • (自分の進路を目的物の進路に交差させてつなぐなど)交差すること の意
  • 2つの通りの交差点 の意
  • 1つの通りまたは路が別のものと交差する合流点 の意

交差点の類語

  • 横断すること の意
  • 1つの通りまたは路が別のものと交差する合流点 の意
  • 線が交わる点 の意
  • 2つ以上の集合に共通する要素の集合 の意
  • 2つ以上の幾何学図形に共通の点または集合 の意
  • いくつかの線が集まる接続点 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi