• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

濁る(にごる)/白濁(はくだく)/汚濁(おだく)/混濁(こんだく)

関連語
濁す(にごす)
  1. [共通する意味]
      ★本来、透明な液体や気体に他のものが混じって、透明でなくなる。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔濁る〕(ラ五)
      ▽流入した土砂で川が濁る
      ▽水道工事で濁った水
      ▽煙で空気が濁る
    • 〔白濁〕スル
      ▽水が白濁する
      白濁した液体
    • 〔汚濁〕スル
      汚濁した河川
      ▽水質汚濁
    • 〔混濁〕スル
      混濁した空気
  1. [使い分け]
    • 【1】「濁る」は、無色の液体や気体に何か別のものが混じって透明でなくなる意。
    • 【2】「白濁」は、白く濁ること。
    • 【3】「汚濁」は、汚れで、濁ること。
    • 【4】「混濁」は、いろいろな物が混じって濁ること。
    • 【5】「濁る」には、「濁った心の持ち主」のように、人の心や世の中が汚れる意、「濁った色」のように、はっきりしない状態である意、「濁った声」のように、だみ声になる意、「この仮名は濁って読む」のように、濁音で発音する意がある。
    • 【6】「混濁」は、「意識が混濁する」のように、病人などの意識がはっきりしなくなることもいう。
  1. [反対語]
      ▼濁る⇔澄む
  1. [関連語]
    • (濁す) (サ五)水や空気などを不透明な状態にする。「池の水をかきまわして濁す」「言葉を濁す(=曖昧(あいまい)な言い方でごまかす)」「お茶を濁す(=その場をいいかげんにしてごまかす)」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

汚濁の類語

  • 誰かの(または一部のグループのもの)正直さまたは忠誠を破壊すること; 道徳的な完全性を徐々にむしばむ の意
  • 汚染する行為または汚染すること; (故意に、または、偶然に)不必要な物質または要因を含むこと の意
  • 不法な利益を得るために物(通常は金銭)を提供する行為 の意
  • 道徳上の堕落; 美徳と道義を損なうこと の意
  • 正直さ、誠実さの欠如(特に贈収賄行為の影響を受けやすいこと); 不正な利益を得るために、地位や信用を利用すること の意
  • 物質の腐食(例えば腐れや酸化によって) の意
  • 汚染されている状態 の意
  • 腐敗が進行している状態 の意

混濁の類語

  • 不透明な性質 の意
  • 明確で秩序立った思考と行動がない精神状態 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi