• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(つち)/土壌(どじょう)/土地(とち)

  1. [共通する意味]
      ★岩石などが細かい粉末状になったもの。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔土〕
      ▽よく肥えた
      に親しむ
    • 〔土壌〕
      土壌を分析する
      土壌
    • 〔土地〕
      土地を耕す
  1. [使い分け]
    • 【1】「土」が一般的で、岩石、鉱石と区別していう。「土壌」「土地」は、作物が生え育つ基盤としての「土」をいう。
    • 【2】「土地」は、他に、「土地を買う」のように、宅地や耕地などの地所、地面の意や、「土地が肥えている」のように、地味、地質の意、「土地の人」のように、その地方の意などもある。
    • 【3】「土」には、「故国の土を踏む」のように、大地の意もある。
    • 【4】「土壌」は、「悪の温床となる土壌」のように、比喩(ひゆ)的に、物事が発生したり育ったりする基盤もいう。
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 注意を集中してデータを遡る比較的均質の知覚表象 の意
  • 地表の固体の部分 の意
  • (特にその使用価値との関連において)植物が育つところ の意
  • 陸地の表面の大部分を構成する柔らかな物質 の意
  • かつて、宇宙を構成する4つの要素の1つであると考えられていた(エムペドクレス) の意
  • 腐植土や分解した岩石から成る地表の一部 の意

土壌の類語

  • 注意を集中してデータを遡る比較的均質の知覚表象 の意
  • 地表の固体の部分 の意
  • (特にその使用価値との関連において)植物が育つところ の意
  • 陸地の表面の大部分を構成する柔らかな物質 の意
  • 腐植土や分解した岩石から成る地表の一部 の意

土地の類語

  • 職業として、または生き方として、土地を耕すこと の意
  • 木を取り払った、通常囲われた土地 の意
  • はっきりとした境界がある土地 の意
  • 地表の固体の部分 の意
  • (特にその使用価値との関連において)植物が育つところ の意
  • 人が自分が利用するために保有する広い地所(特に田舎にある) の意
  • 不動産が所在する土地 の意
  • 腐植土や分解した岩石から成る地表の一部 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi