• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

明け方(あけがた)/夜明け(よあけ)/明け(あけ)

ブックマークへ登録
関連語
(あけぼの)
未明(みめい)
朝まだき(あさまだき)
(あかつき)
黎明(れいめい)
  1. [共通する意味]
      ★夜の時間が終わりに近づき、朝を迎えようとするころ。太陽が昇って明るくなってくるころ。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔明け方〕
      明け方近く、雷が鳴った
      ▽翌日の明け方に目的地に着いた
    • 〔夜明け〕
      夜明けの一番鶏(どり)が鳴く
      夜明け前に強い地震があった
      ▽科学文明の夜明け
    • 〔明け〕
      ▽深夜から明けにかけて暴走族が騒いでいる
      明けの明星
  1. [使い分け]
    • 【1】「明け方」は、夜が明ける時間帯をいうのに対し、「夜明け」「明け」は夜が明けること、あるいはその時をいい、さらにそれを中心とする時間帯をいう場合もある。
    • 【2】「夜明け」は、「アジアの夜明け」のように、新しい時代、好ましい変革の到来を意味することもある。
  1. [関連語]
    • (曙) 夜がほのぼのと明け始めるころ。「曙の空」
    • (未明) まだすっかりとは夜が明けていないころ。「未明に旅立つ」
    • (朝まだき) 朝がまだ訪れないころ。古風な言い方。「朝まだきに出発する」
    • (暁) 「明か時(あかとき)」の転。東の空が白み始めるころ。「成功の暁には」のように、ある物事が実現、完成した際のことをさして用いることもある。
    • (黎明) 夜が明けて朝になろうとするころ。比喩(ひゆ)的にも用いる。「近代日本の黎明」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …の空…から雨が降っている…は冷える…電話があった
    明け方
    夜明け
    明け
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

明け方の類語

  • 日の出 の意

夜明けの類語

  • 日の出 の意

明けの類語

  • 日の出 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。