• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

どんより/昏昏(こんこん)/陰陰(いんいん)/濛濛(もうもう)/蒼然(そうぜん)

関連語
模糊(もこ)
  1. [共通する意味]
      ★暗いさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔どんより〕(副)スル
      どんよりとした空
    • 〔昏昏〕(形動(たる・と))
      昏々たる森の中を行く
    • 〔陰陰〕(形動(たる・と))
      陰々たる境内
      ▽あたりは陰々としていた
      陰々滅々
    • 〔濛濛〕(形動(たる・と))
      ▽一面に濛々とたちこめる煙
      ▽砂塵(さじん)濛々
    • 〔蒼然〕(形動(たる・と))
      ▽暮色蒼然
  1. [使い分け]
    • 【1】「どんより」は、空が曇って薄暗いさま。また、「どんよりとした目」のように、色あいが濁って見えるさまにもいう。
    • 【2】「昏昏」は、暗いさまをいう文章語。
    • 【3】「陰陰」は、くもったさま、物寂しく陰気なさま、あたりが薄暗いさまなどをいう。文章語。
    • 【4】「濛濛」は、霧、ほこり、煙、小雨などがたちこめてあたりが薄暗いさま。
    • 【5】「蒼然」は、夕暮れの薄暗いさま。文章語。
  1. [関連語]
    • (模糊) (形動(たる・と))ぼんやりしていること。「曖昧(あいまい)模糊」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

どんよりの類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi