低気圧/台風/野分 の解説 - 小学館 類語例解辞典

低気圧/台風/野分 の共通する意味

雨、風など悪天候をもたらす気象現象。

国語辞書で調べる 低気圧 台風 野分

低気圧/台風/野分 の使い方

低気圧
▽発達した低気圧が九州南岸に停滞する
台風
▽台風が室戸(むろと)岬に上陸する ▽台風の目 ▽台風一過(いっか)
野分
▽野分が吹きすさぶ

低気圧/台風/野分 の使い分け

「低気圧」は、大気中で周囲より気圧の低い部分だが、上昇気流がおこるため、一般に天気が悪く、中心付近では雨が降る。温帯低気圧と熱帯低気圧とがあるが、ふつう「低気圧」といえば前者をさす。[英]a low pressure
「台風」は、北太平洋南西部に発生して、日本などに襲来する熱帯低気圧で、風速一七メートル以上のものをいう。夏から秋にかけてのものが多く、暴風雨を伴って各地に災害をもたらす。[英]a typhoon
「野分」は、立春から数えて二百十日前後に吹く暴風とされるが、一般に、秋に吹く激しい風をいう。古めかしい言い方。[英]a hurricane
「低気圧」は、比喩(ひゆ)的に「今日は彼はずいぶん低気圧だ」のように、「不機嫌」の意で用いることもある。

低気圧/台風/野分 の反対語

▼低気圧⇔高気圧

カテゴリ

#自然#天気・天候

低気圧/台風/野分 の類語 - 日本語ワードネット

低気圧 の類語

激しく回転する暴風 の意

台風 の類語

大西洋西部あるいはインド洋で発生した熱帯低気圧 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi