• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

颯颯(さつさつ)/嫋嫋(じょうじょう)/春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)

  1. [共通する意味]
      ★風の吹くさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔颯颯〕(形動(たる・と))
      颯々たる松風
      颯々とわたる風
    • 〔嫋嫋〕(形動(たる・と))
      嫋々と柳をゆらす風
      ▽風嫋々として、やがてやむ
    • 〔春風駘蕩〕
      春風駘蕩の一日
  1. [使い分け]
    • 【1】「颯颯」は、風がさっとやや激しく吹くさまを表わす。
    • 【2】「嫋嫋」は、風のむせぶようにそよぐさまを表わす。「柳糸嫋々として」のように、なよなよとしたさま、しなやかなさまをもいう。「余韻嫋々」は、音声が細く長く響いて絶えないさま。
    • 【3】「春風駘蕩」は、春の風ののどかに吹くさま。また、「春風駘蕩とした人柄」のように、人の態度や性格がのんびりして温和なさまにもいう。
    • 【4】いずれも文章語。
  1. [分類コード]