雷/稲妻/稲光 の解説 - 小学館 類語例解辞典

雷/稲妻/稲光 の共通する意味

雲と雲の間、または、雲と地表との間に起こる放電現象。

英語表現 thunder

国語辞書で調べる 稲妻画像 稲光

雷/稲妻/稲光 の使い方

▽雷が落ちた
稲妻
▽稲妻が走った
稲光
▽稲光に辺りが照らしだされた

雷/稲妻/稲光 の使い分け

空から放電する場合、一瞬光って、その後にゴロゴロ、ドカーンという音が聞こえるが、その光のほうを「稲妻」「稲光」という。「稲妻」には、「稲妻が走る」「稲妻が光る」などの表現がある。閃光(せんこう)と音とをあわせて「雷」という。
「雷」は、比喩(ひゆ)的に、「父の雷が落ちた」のように、ひどく人をしかりつけることをもいう。
「稲妻」は、「稲の夫(つま)」の意で、古くは稲が稲妻によって霊的なものと結合し、穂を実らせると信じられていたところからいう。

雷/稲妻/稲光 の関連語

電光
「稲光」の意の漢語。また、電気による光もいう。「目もくらむばかりの電光」「電光石火」

カテゴリ

#自然#天気・天候

雷/稲妻/稲光 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

雷に伴う稲光の放電 の意

稲妻 の類語

発光によって伴われる、突然の雲から雲へまたは雲から地上への放電 の意

雷に伴う稲光の放電 の意

稲光 の類語

発光によって伴われる、突然の雲から雲へまたは雲から地上への放電 の意

雷に伴う稲光の放電 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi