• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(ひかり)/光線(こうせん)

  1. [共通する意味]
      ★人間の目に明るさを感じさせる、発光体から発するもの。また、その反射。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔光〕
      ▽太陽のを浴びる
      ▽紙を電球のにすかして見る
      ▽星が淡いを放つ
      ▽月のがさす
      ▽蛍の
    • 〔光線〕
      光線を浴びる
      ▽可視光線
      ▽太陽光線
  1. [使い分け]
    • 【1】「光」の方が、一般に使われる。「光線」は、持続性があり、比較的明るい場合に用いる。[英]light(光); a ray(光線)
    • 【2】「光」は、「仏の光」「金の光」のように、神仏などの威光の意や、「失った光を手術で取り戻す」のように、視力の意、また、「将来に光を見いだす」のように、心を明るくするものの意にも用いられる。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 目に見える電磁放射の源として機能するどんな装置でも の意
  • 表情の表情の輝き、輝き、活発さによって表される陽気なにぎわい の意
  • 視覚に訴える警告 の意
  • 視覚の感覚を生じさせる電磁放射 の意

光線の類語

  • 光の列(ビーコンから発せられるような) の意
  • 視覚の感覚を生じさせる電磁放射 の意
  • 一点からのびる直線 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi