鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の解説 - 小学館 類語例解辞典

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の共通する意味

音が伝わる。

国語辞書で調べる 鳴る 響く 鳴り響く 響き渡る 鳴り渡る 高鳴る 轟く

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の使い方

鳴る 【ラ五】
響く 【カ五】
鳴り響く 【カ五】
響き渡る 【ラ五】
鳴り渡る 【ラ五】
高鳴る 【ラ五】
轟く 【カ五】

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の使い分け

「鳴る」は、音が出て耳に聞こえる意であるのに対して、「響く」は、音、あるいは声が広がり伝わる意で、ある空間全体にその音が満ちるような場合に用いられる。「鳴り響く」「響き渡る」「鳴り渡る」は、音が大きく、広く遠くまで伝わる意。[英]to sound
「高鳴る」「轟く」は、音が大きく激しく伝わる意。[英]to roar
「鳴る」「響く」「鳴り響く」「響き渡る」「鳴り渡る」「轟く」は、評価や名声が広く伝わる意でも用いられる。ただし、「鳴る」は、「評判が鳴る」のような使い方はできず、「謹厳実直をもって鳴る先生」のように使う。[英]to echo
「響く」「響き渡る」「轟く」は、声にもいうが、他の語は、音についてのみいう。
「響く」は、「生前父が残した言葉が胸に響く」のように、心に感じる意、「前夜の飲み過ぎが仕事に響く」のように、影響する意でも使う。
「高鳴る」は、「胸が高鳴る」のように、心が勇んで胸がどきどきする意でも使う。

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の関連語

聞こえる 【ア下一】
音声が耳に入る意から転じて、評価や名声が広く伝わる。「音に聞こえた勇士」

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の類語対比表

鐘が…鐘の音が…声が…勇名が…
鳴る
響く
鳴り響く
響き渡る
鳴り渡る
高鳴る
轟く

参照

高鳴る⇒高鳴る/ときめく 聞こえる⇒聞く/聞こえる

カテゴリ

#自然#音

鳴る/響く/鳴り響く/響き渡る/鳴り渡る/高鳴る/轟く の類語 - 日本語ワードネット

鳴る の類語

鳴り響かせる の意

音によって知らせる の意

大きく朗々と鳴り響く の意

響く の類語

身体的に作用する; 影響を及ぼす の意

形または影響; 指示を与える の意

大きく朗々と鳴り響く の意

音を鳴らすか反響する の意

密接に、そしてしばしば有罪判決を招くように親密に関係する の意

鳴り響く の類語

広く知れ渡り、伝わっている の意

音を鳴らすか反響する の意

響き渡る の類語

大きく朗々と鳴り響く の意

音を鳴らすか反響する の意

鳴り渡る の類語

大きく朗々と鳴り響く の意

音を鳴らすか反響する の意

轟く の類語

風、水または乗り物のように大きな音を出す の意

音を鳴らすか反響する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi