尾/しっぽ/尾っぽ の解説 - 小学館 類語例解辞典

尾/しっぽ/尾っぽ の共通する意味

動物のしりから細長くのびた部分。

英語表現 a tail

国語辞書で調べる しっぽ 尾っぽ

尾/しっぽ/尾っぽ の使い方

▽犬が尾を振る ▽せきれいは尾を上下に動かす
しっぽ
▽猫はしっぽを自在に動かせる
尾っぽ
▽とかげは尾っぽを切って逃げる

尾/しっぽ/尾っぽ の使い分け

「尾っぽ」は、他の二語にくらべると、話し言葉的。
「しっぽ」には、「しっぽを振る(=ご機嫌をとる)」「しっぽを巻く(=降参する)」「しっぽを出す(=隠し事やごまかしがばれる)」「しっぽをつかむ(=他人の悪事やごまかしなどの証拠を握る)」など、多くの慣用的な言い方がある。「尻尾」とも書く。

参照

尾⇒裾野/尾

カテゴリ

#自然#動物

尾/しっぽ/尾っぽ の類語 - 日本語ワードネット

の類語

特に、胴体または体の中心を超えたところまで延び、広がっているの脊椎動物の体の後部分 の意

動物の尾に似たどんな突起物でも の意

尾っぽ の類語

特に、胴体または体の中心を超えたところまで延び、広がっているの脊椎動物の体の後部分 の意

動物の尾に似たどんな突起物でも の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi