• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

野菜(やさい)/蔬菜(そさい)/青物(あおもの)/青果(せいか)

関連語
洋菜(ようさい)
果菜(かさい)
花菜(かさい)
根菜(こんさい)
葉菜(ようさい)
  1. [共通する意味]
      ★栽培して食用にする植物。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔野菜〕
      ▽庭で野菜を作る
      ▽八百屋で野菜を買う
      ▽泥つき野菜
      野菜サラダ
    • 〔蔬菜〕
      蔬菜の栽培技術の改善
      蔬菜類の栄養分の分析
    • 〔青物〕
      ▽献立に青物が不足している
      青物
    • 〔青果〕
      青果
      青果
  1. [使い分け]
    • 【1】四語の中では、「野菜」が最も意味が広く、一般的に使用される。
    • 【2】「青果」は、他の三語と異なり、果物も含んでいう。
    • 【3】「蔬菜」は、文章語。
    • 【4】「青物」は、広く野菜類をさすが、本来は緑色の野菜をさすため、トマトやニンジンなど緑色でない野菜だけをいう場合には使いにくい。
  1. [関連語]
    • (洋菜) セロリ、レタスなど西洋から入ってきた野菜。
    • (果菜) ナス、トマトなど実の部分を食べる野菜。
    • (花菜) カリフラワー、ブロッコリーなど花の部分を食べる野菜。
    • (根菜) 大根、ゴボウ、イモ類など根の部分を食べる野菜。
    • (葉菜) ホウレン草、小松菜など葉の部分を食べる野菜。
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

野菜の類語

  • 多数の草本植物の食用の種、根、茎、葉、球根、塊茎、あるいは甘くない果実 の意
  • 各種の草質植物の総称で、果実、ビートの根、ホウレンソウの葉、豆植物またはブロッコリーまたはカリフラワーの花芽のような、食用に適する部分のために栽培される の意

蔬菜の類語

  • 多数の草本植物の食用の種、根、茎、葉、球根、塊茎、あるいは甘くない果実 の意

青物の類語

  • 葉の多い植物や野菜として食べる葉・茎 の意

青果の類語

  • 市場用に栽培した新鮮な果物や野菜 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi