• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

咲き誇る(さきほこる)/咲き揃う(さきそろう)/咲きこぼれる(さきこぼれる)/咲き乱れる(さきみだれる)

関連語
満開(まんかい)
繚乱(りょうらん)
百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  1. [共通する意味]
      ★花がたくさん美しく咲く。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔咲き誇る〕(ラ五)
      ▽美しく咲き誇る薔薇(ばら)
      ▽牡丹(ぼたん)が今を盛りと咲き誇っている
    • 〔咲き揃う〕(ワ五)
      ▽花壇の水仙が咲きそろっ
      ▽春の花が咲きそろう
    • 〔咲きこぼれる〕(ラ下一)
      ▽山吹が咲きこぼれる
      ▽垣根に咲きこぼれる雪柳
    • 〔咲き乱れる〕(ラ下一)
      咲き乱れる野生の水仙
      ▽高原植物が咲き乱れる
  1. [使い分け]
    • 【1】「咲き誇る」は、みごとに咲いた花なら、一輪だけの場合にも用いるが、他の語は、花がたくさん咲いた場合に用いる。
    • 【2】「咲き揃う」は、多くの花、あるいは、多種類の花の咲く時期が重なる場合に用いる。
    • 【3】「咲きこぼれる」は、花がこぼれんばかりにたくさん咲いている意。
    • 【4】「咲き乱れる」は、たくさんの花が入り乱れたように咲く意。
  1. [関連語]
    • (満開) 花が十分に開くこと。一輪だけの花の場合ではなく、多くの花が十分に開いている場合に用いる。「桜が満開だ」
    • (繚乱) (名・形動(たる・と))花が咲き乱れること。文章語。「繚乱の春の花」
    • (百花繚乱) 種々の花が咲き乱れること。また、比喩(ひゆ)的に、すぐれた業績や人物が一時期にたくさん現れることもいう。文章語。
  1. [分類コード]