しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の解説 - 小学館 類語例解辞典

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の共通する意味

植物が生気を失う。

英語表現 to wither

国語辞書で調べる しおれる しなびる 萎える 枯れる しぼむ

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の使い方

しおれる 【ラ下一】
しなびる 【バ上一】
萎える 【ア下一】
枯れる 【ラ下一】
しぼむ 【マ五】

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の使い分け

「しおれる」「しなびる」「萎える」は、茎、花、葉などがみずみずしさを失って勢いがなくなり、ぐったりするのにいう。堅く乾いた樹皮に覆われている木については、外見からみずみずしさの有無はわからないので、この三語は用いない。また、「しなびる」は、「しなびたリンゴ」のように、果実にもいうことができる。
「しおれる」「しなびる」「萎える」は、水を与えたり、相応の処置をしたりすれば、回復することも可能な状態に用いるが、「枯れる」は、回復不可能な状態、死んでしまった状態に用いる。
「しぼむ」は、他の四語と異なり、花についてのみ用いる。
「しおれる」は「萎れる」「凋れる」、「しなびる」は「萎びる」、「しぼむ」は「萎む」「凋む」とも書く。
「しおれる」は、「叱られてしおれる」のように、気落ちして元気がなくなる意でも用いる。その場合は、「悄れる」とも書く。
「しぼむ」は、「風船がしぼむ」「希望がしぼむ」のように、生き生きと張りつめていたものがおとろえ縮む意でも用いる。

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の関連語

末枯れる 【ラ下一】
晩秋、草木の枝先、葉先が枯れてくる。「紅葉も盛りを過ぎて末枯れたカエデ」

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の類語対比表

花が…葉が…木が…朝顔は昼には…ウドンコ病で…
しおれる
しなびる
萎える
枯れる
しぼむ

カテゴリ

#自然#植物

しおれる/しなびる/萎える/枯れる/しぼむ の類語 - 日本語ワードネット

萎える の類語

湿気の損失と同時にしぼむ の意

新鮮さ、活力または体力を失う の意

しぼむ の類語

湿気の損失と同時にしぼむ の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi