様/化/的 の解説 - 小学館 類語例解辞典

様/化/的 の共通する意味

物事の様子がどうであるかを表わす語。

国語辞書で調べる

様/化/的 の使い方

▽彼の落ち込みようが想像できる ▽父の頑張りようが目に浮かぶ
【接尾】
▽大衆化 ▽民主化 ▽映画化
【接尾】
▽科学的 ▽民主的 ▽悲劇的

様/化/的 の使い分け

「様」は、動詞の連用形に付いて、その動詞が表わす動作をしているさまを示す。単独で用いられることはない。
「化」は、名詞に付いて、そういうもの、そういうさまになる、または、そういうものに変える意を表わす。
「的」は、名詞に付いて、そういう性質を有する意を表わす。

カテゴリ

#事柄・性質#状態

様/化/的 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

その主要な特性に注目したときのある物のあり方 の意

の類語

射手または射手が狙う標的のために設定された物体で成るスポーツの設備 の意

見解の最大限の明快さ、明瞭さ の意

狙い撃つ標点 の意

敵意を抱いている人または影響による攻撃を目的とする人(特に嘲笑または搾取の犠牲者) の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi