ずきずき/しくしく/きりきり の解説 - 小学館 類語例解辞典

ずきずき/しくしく/きりきり の共通する意味

痛むさまを表わす語。

国語辞書で調べる ずきずき しくしく きりきり

ずきずき/しくしく/きりきり の使い方

ずきずきする 【副】
▽頭がずきずきする ▽傷口がはれて、ずきずき痛む
しくしくする 【副】
▽腹がしくしく痛む ▽虫歯になったのか、奥歯がしくしくする
きりきり 【副】
▽腹がきりきり差し込んで、ひどく苦しい ▽頭がきりきり痛んで、起きていられない

ずきずき/しくしく/きりきり の使い分け

「ずきずき」は、化膿(かのう)した患部が、脈に合わせて痛むさま。[英]a smarting pain【ずきずきする痛み】
「しくしく」は、絶え間なく鈍く痛むさま。
「きりきり」は、鋭いものが差し込まれるように激しく痛むさま。

カテゴリ

#人間の動作#感覚

ずきずき/しくしく/きりきり の類語 - 日本語ワードネット

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi