• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

極意(ごくい)/奥義(おうぎ)/神髄(しんずい)

関連語
秘伝(ひでん)
  1. [共通する意味]
      ★学問、技芸などで、最も深遠で到達し難い事柄。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔極意〕
      ▽剣の極意を会得する
    • 〔奥義〕
      ▽その道の奥義を極める
      奥義を伝授する
    • 〔神髄〕
      ▽詩の神髄を味わう
      ▽美の神髄に迫る
  1. [使い分け]
    • 【1】「極意」は、奥深い技能について広く用いる。
    • 【2】「奥義」「神髄」は、より深遠なところにある物事の本質。「おうぎ」は「おくぎ」ともいい、古くは「奥儀」とも書いた。
  1. [関連語]
    • (秘伝) 秘密にしてたやすく人に伝えないこと。また、そのもの。「当家の秘伝」「秘伝の巻物」「秘伝をさずける」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

奥義の類語

  • 特別な集団のみに知られている情報 の意

神髄の類語

  • 空気、土、火、水に続く、五番目の、そして最も高位の元素; すべての天体を構成する物質であると信じられていた の意
  • 抽出される元となる植物や薬品、その他天然の生成物の顕著な性質をかなりの程度まで保持しているような物質 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi