• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(かた)/パターン/タイプ

  1. [共通する意味]
      ★ある種のものに共通する特徴。また、その特徴によって分類されたもの。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔型〕
      にはまった答え
      どおりの儀式
    • 〔パターン〕
      ▽日本人の思考のパターン
      ▽いつものパターンで敗れる
      パターン化した行動
    • 〔タイプ〕
      ▽新しいタイプの日本人
      ▽銀行員タイプの男
  1. [使い分け]
    • 【1】「型」「パターン」は、形や性格などを分類したものであるのに対し、「タイプ」は、ある種のものの底部において共通する特徴をもったもの。たとえば、「新しい型の車」は、スタイルなどが新しいことをいうのに対し、「新しいタイプの車」は、型そのものというより、その機能や目的など、外面に現れない部分で従来のものと違うときに使う。
    • 【2】「パターン」は、「ワンパターン」「テストパターン」などのように、しばしば同じように繰り返される型をいう。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    行動の…新しい…の車一つの…をくり返すやり方好みの…の異性
    パターン
    タイプ
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 実質を除外したある物の空間的配置 の意
  • 歯と歯茎をろうまたはプラスターで取った跡 の意
  • 液体がそそぎ込まれ固まったときに特定の形になる容器 の意
  • 片側に文字が浮彫りされた金属の小さなブロック; インクをつけて紙に圧すと文字が印刷される の意
  • 共通の特徴や質で区別されるものの範疇 の意
  • ある種のものの下位区分 の意
  • 認識できる種類 の意
  • 製品の型 の意
  • 知覚の構造 の意
  • 同じ記号のトークンのすべて の意
  • 印刷された文字 の意
  • 個人、グループあるいは時代に特有の(言語、芸術、音楽などによる)表現方法 の意
  • 分類群で、その特徴がすぐ上位の分類を定義するのに使われる の意
  • ものが作られる際の代表的な形式 の意
  • 有機物に富んだぼろぼろの土壌 の意

パターンの類語

  • 活動や行動の習慣的な様式 の意
  • 装飾的芸術的作品 の意
  • 何か他の物を作るためのガイドとして意図された何か の意
  • 知覚の構造 の意
  • 着陸しようとする飛行機に規定されている経路 の意
  • トラヒックパターン

タイプの類語

  • 一度に一文字タイプできる文書によるメッセージを印刷するための手動の印字機 の意
  • 共通の特徴や質で区別されるものの範疇 の意
  • ある種のものの下位区分 の意
  • 種類 の意
  • 製品の型 の意
  • 同じ記号のトークンのすべて の意
  • 分類群で、その特徴がすぐ上位の分類を定義するのに使われる の意
  • 特定の特徴や性質の人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi