ちくちく/ちくり の解説 - 小学館 類語例解辞典

ちくちく/ちくり の共通する意味

先のとがったもので刺されるような痛みを感じるさまを表わす語。

国語辞書で調べる ちくちく ちくり

ちくちく/ちくり の使い方

ちくちくする 【副】
▽とげがささってちくちく痛む ▽光化学スモッグのせいで目がちくちくする ▽ちくちくと皮肉をいう
ちくり 【副】
▽ハチにちくりとさされた ▽ちくりと注射する ▽鋭い針のような皮肉をちくりと一言

ちくちく/ちくり の使い分け

「ちくちく」は、痛みが継続的に繰り返される感じだが、「ちくり」は一回だけの場合を表わす。[英]to prick【ちくちくする】
二語とも、針など先のとがったもので刺すさまも表わす。

カテゴリ

#人間の動作#感覚

ちくちく/ちくり の類語 - 日本語ワードネット

ちくちく の類語

に針を通す の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi