大部分/殆ど/大方 の解説 - 小学館 類語例解辞典

大部分/殆ど/大方 の共通する意味

物事の半分以上で全部に近い量や程度。

英語表現 most

国語辞書で調べる 大部分 殆ど 大方

大部分/殆ど/大方 の使い方

大部分
▽大部分の生徒 ▽原稿は大部分を書き終えた
殆ど 【名・副】
▽ほとんどの人が船酔いした ▽ほとんどわからない
大方 【名・副】
▽町の大方が焼失した ▽作業は大方終わった

大部分/殆ど/大方 の使い分け

「大部分」は、全体の半分以上を占める多い数量、程度。
「殆ど」は、全体、完全に近い量や程度。また、「風でも吹けばほとんど倒れてしまいそうだ」のように、今にも、もう少しのところでの意もある。
「大方」は、「月末までには大方治るだろう」のように、半分以上の可能性があると推量する使い方がある。また、「大方の予想どおり…」のように、世間一般の意もある。

大部分/殆ど/大方 の類語対比表

…の人が持っている…できあがったそれについて…知らない…の賛同が得られた
大部分
殆ど
大方

参照

大方⇒万人/衆人/諸人

カテゴリ

#事柄・性質#全体・部分

大部分/殆ど/大方 の類語 - 日本語ワードネット

大部分 の類語

2より大きい部分によって生じる、あるいは、に関連した特性; 主要部 の意

殆ど の類語

(量について)不正確であるがとても正確に近い の意

(行動または状態について)少し足りない、または、完全に終わっていない; ほとんど の意

2より大きい部分によって生じる、あるいは、に関連した特性; 主要部 の意

大方 の類語

大部分において; 主に、または大方 の意

他のものからの一つの区別なしで の意

妥当な想定で の意

大部分 の意

かなりの確信を持って; あまり疑いなく の意

いつもは; 通例 の意

特定の詳細または例外に関係なく の意

2より大きい部分によって生じる、あるいは、に関連した特性; 主要部 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi