• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

大分(だいぶ)/随分(ずいぶん)/余程(よほど)

関連語
大分(だいぶん)
余っ程(よっぽど)
  1. [共通する意味]
      ★物事がかなりの程度である様子。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔大分〕(だいぶ)(副)
      だいぶ暑くなりました
      だいぶ苦労した
    • 〔随分〕(副・形動)
      ずいぶんお世話になりました
      ずいぶんひどい話だ
    • 〔余程〕(副)
      よほど困ったのだろう
      よほどのことだ
  1. [使い分け]
    • 【1】「大分(だいぶ)」は、「非常に」とか「とても」というほどではないが、それでもかなりの程度、という意味で使う。
    • 【2】「随分」は、思っていたより程度、量が多い意。また、「ずいぶんな仕打ちをうけた」のように、大変ひどい、の意でも使う。
    • 【3】「余程」は、他とくらべて相対的に、程度が甚だしい意で使う。また、「よほど言おうと思ったがやめた」のように、「今にも…するところだった」の意でも使う。
  1. [関連語]
    • (大分)(だいぶん) (副)「だいぶ」の少し古い言い方。「だいぶん暑くなりましたね」
    • (余っ程) (副)「余程」を強めた言い方。会話の中で使われる。「こっちの方がよっぽどいい」
  1. [対比表]
    …気に入ったらしい…片づいた勉強より遊びの方が…いい…りっぱなお宅ですね
    だいぶ
    随分
    余程
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

随分の類語

  • ある(多い、または、少ない)程度において の意
  • かなり(否定的には使用されない) の意
  • 異常に目立つ、または、例外的な、または、驚くべき種の(否定的には使用されない) の意
  • 強意語として使われる の意
  • 適度に十分な範囲、または程度 の意
  • 強意語として使われる の意
  • 非常に大きい程度や範囲まで の意
  • 高度または広範囲に; 好意的な、または非常に敬意を持って の意
  • 見た目や行動が、標準を超えて の意

余程の類語

  • かなりの範囲または程度まで の意
  • ある(多い、または、少ない)程度において の意
  • かなり(否定的には使用されない) の意
  • 異常に目立つ、または、例外的な、または、驚くべき種の(否定的には使用されない) の意
  • 強意語として使われる の意
  • とても の意
  • 並外れた範囲、または程度 の意
  • 大きな程度または範囲で の意
  • 非常に大きい程度や範囲まで の意
  • 高度または広範囲に; 好意的な、または非常に敬意を持って の意
  • かなりの程度まで、だいぶ、大いに の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi