• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ほぼ/大体(だいたい)/九分九厘(くぶくりん)

  1. [共通する意味]
      ★全部もしくは完全に近い状態にあることを表わす語。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔ほぼ〕(副)
      ▽新校舎はほぼ完成した
      ほぼ同じ高さの山
      ▽消防署は町のほぼ中央にある
    • 〔大体〕(名・副)
      ▽一度読んだだけでだいたいわかった
      ▽話の大体を記録する
    • 〔九分九厘〕
      ▽成功は九分九厘まちがいなしだ
  1. [使い分け]
    • 【1】「ほぼ」は、「大体」よりも、その状態に近い場合に使う。
    • 【2】「大体」の方は、大まかに見積もる場合に使う。また、「大体その考え自体おかしい」のように、そもそもの意味、「大体人間というものはみなそうだ」のように、総じての意味がある。
    • 【3】「九分九厘」は、九九パーセントそうなる場合、完全な状態に近づいている場合にいう。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …終わった…三メートルの長さ優勝は…確実だ…の予定をたてる
    ほぼ
    大体
    九分九厘
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

ほぼの類語

  • 大部分において; 主に、または大方 の意
  • (量について)不正確であるがとても正確に近い の意
  • すべての実際的な目的のために、だが完全でなく の意
  • (行動または状態について)少し足りない、または、完全に終わっていない; ほとんど の意
  • いつもは; 通例 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi