【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

観点/視点 の解説 - 小学館 類語例解辞典

観点/視点 の共通する意味

物を見たり考えたりする立場。

英語表現 a point of view

国語辞書で調べる 観点 視点

観点/視点 の使い方

観点
▽観点を変える ▽異なった観点に立って考える ▽教育的な観点
視点
▽視点を変える ▽それぞれの視点から意見を言う

観点/視点 の使い分け

「観点」は、見る、考えるなどの、広い範囲での立場をいう。これに対し「視点」は、見る立場という意味合いが強い。
「視点」には、「視点の定まらないうつろな目」のように、視線の注がれる所の意味がある。

観点/視点 の関連語

視座
物事を見る立場。昭和三〇年代後半に社会科学の分野で使い始めた語。「視座を変える」
次元
物事を考えたり行ったりする立場の基準。「彼とは次元が違う」◇元来は、数学で一般的な空間の広がりの度合いを表わすもの。線は一次元、面は二次元、通常の空間は三次元。

カテゴリ

#事柄・性質#概念・観念

観点/視点 の類語 - 日本語ワードネット

観点 の類語

意見、判断 の意

合理化された心構え の意

状況や話題などを評価する方法 の意

物を見る精神的な立場 の意

状況における特定の見通し、または局面 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi