• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

模造(もぞう)/偽造(ぎぞう)/偽作(ぎさく)/贋作(がんさく)/贋造(がんぞう)/代作(だいさく)

  1. [共通する意味]
      ★本物、真作のように見せて作ること。また、そのように作った物。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
      imitation(模造); forgery(偽造)
  1. [使い方]
    • 〔模造〕スル
      ▽展示する品は模造でよい
      模造
    • 〔偽造〕スル
      ▽小切手を偽造する
    • 〔偽作〕スル
      ▽よくできていて、どちらが偽作か見分けがつかない
    • 〔贋作〕スル
      ▽この仏像は贋作
    • 〔贋造〕スル
      ▽この刀は贋造であることが判明した
      贋造紙幣
    • 〔代作〕スル
      ▽弟子の代作
  1. [使い分け]
    • 【1】「模造」は、本物に似せて作ることだが、本物であると偽ることはなく、本物でないことを明らかにしているのが普通である。
    • 【2】「偽造」は、一つの具体的な真正品があり、それに限りなく近づけて、真正品そっくりに作ること。
    • 【3】「偽作」は、「偽造」と同様の概念を表わし、加えて、「偽造」の品物という具体物を表わす。普通は、真正品であると偽る。
    • 【4】「贋造」は、特定の具体的な真正品に限りなく近づけて真正品そっくりに作るのではなく、それらしく他人に思わせるような雰囲気を出して作ること。普通は、真作であると偽る。
    • 【5】「贋作」は、「贋造」と同様の概念を表わし、加えて、「偽造」の品物という具体物を表わす。普通は、真作であると偽る。
    • 【6】「代作」は、別人が本人に代わって作製したもの。その事実を隠している場合が多い。
  1. [対比表]
    似てはいるが…だ一万円札の…事件…をつかまされた…のダイヤ
    模造
    偽造
    偽作
    贋作
    贋造
    代作
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

模造の類語

  • 現状のままでコピーする の意
  • 別のものと同様、または同一になるよう作られたもの の意
  • オリジナルでないコピー; 真似て細工を施した物 の意

偽造の類語

  • 事実の故意の曲解 の意
  • 詐欺を目的に法律文書を作る、または変更する、犯罪的な改竄 の意
  • だますことを目的としてコピーする の意
  • 詐欺目的で改ざんする の意

偽作の類語

  • 詐欺を目的に法律文書を作る、または変更する、犯罪的な改竄 の意
  • だますことを目的としてコピーする の意
  • 模造である何か; それらしく見えるものとは違う の意

贋作の類語

  • だますことを目的としてコピーする の意
  • 模造である何か; それらしく見えるものとは違う の意

贋造の類語

  • わざと真実から逸脱させる行為 の意
  • 詐欺を目的に法律文書を作る、または変更する、犯罪的な改竄 の意
  • 虚構形式で書くこと の意
  • だますことを目的としてコピーする の意

代作の類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi